1. 公式TOP
  2. 機内誌特選美味の店
  3. 静岡 地魚・地酒 車や
御前崎で捕れたばかりの金目鯛を丸ごと味わう贅沢。手間暇掛けて取った濃厚な昆布のだしをたっぷり入れて煮付けていく。時価。

静岡

地魚・地酒 車や

「紅を染め付けたような金目鯛。
これは白い大トロだ」

静岡に到着したら、御前崎で水揚げされた天然の金目鯛を食べようと、JR静岡駅近くの常宿に荷物を放り込み、すぐに昭和通りの『地魚・地酒 車や』へ駆け込んだ。

カウンターにずらりと並ぶ大皿料理に吸い寄せられるように席に着き、さっそく金目鯛の姿煮を注文。胸ポケットの財布をポンと叩いて、「一番大きなやつね」と声を張った。

鉢盛りの料理と刺し身の盛り合わせをつまみながら、まずは地酒『喜久酔』を一杯傾ける。厨房では職人かたぎの大将が寡黙に鍋の前に立つ。いいぞ、旨そうな匂いが漂ってきた。待つことしばし。ほどなく湯気を上げながら待望の金目鯛が現れた。

紅を染め付けたように鮮やかで艶々と輝く皮目。飾り包丁が入ったはち切れんばかりの身が、早く早くと箸を誘う。肉厚な白身をほろりと外して口に放り込むと、舌の上でとろん。まるでサシの効いたトロのように上質な脂身が口に広がる。「これは白い大トロだ!」。

ひと口、またひと口。次は煮汁を含ませて……と、見る見るうちに半身が消えた。旨味を吸い込んだ付け合わせのゴボウが白飯をせがむ。無言で箸を進める客に、寡黙な大将が破顔一笑。「駿河湾は桜エビからノドグロまで、季節ごとにさまざまな魚が水揚げされる宝庫です。年中捕れる金目鯛にも旬があって、一番脂がのるのは4~6月。まさに今走りですよ」と教えてくれる。

煮汁まで愛しく思える一品を前に、思わず「ご飯! 山盛りで!」と気勢を上げた。

こぢんまりとしたカウンターは特等席。「食べたいものがあったら、言ってくれよ」が大将の口癖。どうぞ気兼ねなく。

静岡

地魚・地酒 車や

住 所
静岡県静岡市葵区常磐町2-2-16
TEL
054-255-5004
営業時間
17:00~22:00
定休日
日曜

※記載内容はFDA機内誌「DREAM3776」Vol.18号(2017年3月発行)掲載時のものです。

空席照会/ご予約
出発
到着
往路
搭乗日
復路
搭乗日
大人
小児
幼児