1. 公式TOP
  2. 機内誌特選美味の店
  3. 静岡 銀太
『鯵にぎり』3,000円。この銀太のアジを食べるためだけに由比まで足を伸ばす価値あり。

静岡

銀太

「由比で出合った
幻のあじ」

桜エビのまちとして名高い静岡県の由比に、東京や名古屋の食通が“幻のあじ”を求めて足繫く通うすし屋があるという噂を聞いてやって来た。

『銀太』は、由比で唯一のすし屋。この店に来て、名物・倉沢アジで握る『鯵にぎり』を注文しない手はない。丸ごと一匹を半身は刺し身で、もう片方の半身はにぎりでいただく。これに加えて、桜エビの刺し身とかき揚げ、『沖あがり』を注文すれば、由比スペシャルすし呑みセットの完成だ。

由比倉沢のアジは『根付きアジ』とも『底付きアジ』とも呼ばれ、回遊をしないので身はぶ厚く脂ののりがよい。まずは刺し身をいただこう。青魚特有の臭みはなく、もっちりとした食感で、舌に絡む脂がほんのりと甘い。北国の白身魚のようでもあり、トロのようでもある。訊けばこのアジ、捕れたてではないという。目と鼻の先にある由比港から直接店に運ばれてきた魚の内臓を素早く処理し、寝かせること一週間強。魚の旨味成分が出たころが一番旨いらしい。内臓を付けたまま翌日の市場に出た後では手遅れで、どうしても臭みが出てしまうのだとか。「由比ではこれが当たり前。だから、うちでは捕れたての魚は出さないよ」と胸を張る店主。

“幻のあじ”は、港町由比のすし屋だからこそ出せる“幻の味”だった。

日本で唯一桜エビの漁獲が認められている駿河湾。漁期は春と秋の年2回のみで、水揚げされるのは由比港と大井川港だけ。鮮度が命の桜エビは、漁師が港に着いたその足で届けてくれる捕れたてのものを即冷凍。もしかすると、この店は日本一甘い桜エビが食べられる店かもしれない。
1人前ずつ油を替えて揚げる贅沢な『桜えびのかきあげ』。衣少なめでエビの甘味と香ばしさが際立っている。
漁師料理として由比で古くから食べられている『沖あがり』は、桜エビを豆腐とネギと煮たエビのすき焼き風。
由比で捕れた魚だけで握る『地魚にぎり』2,000円。由比の魚を知り尽くしている店主が、鮮やかな包丁さばきで楽しませてくれる。
店の設えはいたって普通。でも出てくるネタは普通じゃない。
店はJR由比駅至近のロケーション。その距離約100m。

静岡

銀太

住 所
静岡県静岡市清水区由比今宿165
TEL
054-375-3004
営業時間
月・水・金曜11:00~14:00、火・木・土・日曜11:00~20:00
定休日
不定

※記載内容はFDA機内誌「DREAM3776」Vol.12号(2014年10月発行)掲載時のものです。

空席照会/ご予約
出発
到着
往路
搭乗日
復路
搭乗日
大人
小児
幼児