1. 公式TOP
  2. 機内誌特選美味の店
  3. 鹿児島 すし こころ
鹿児島の旬の素材をリーズナブルに楽しむなら『こころにぎり』1,000円がおすすめ。

鹿児島

すし こころ

「鹿児島近海の幸を
屋台寿司で」

JR鹿児島中央駅の前にある『かごっまふるさと屋台村』は、多くの客でにぎわう鹿児島の新名所。鹿児島食材の郷土料理と“かごっま弁”を併せて楽しめる人気のスポットだ。この中に一軒すし屋があって、鹿児島の近海で捕れた旬の魚介を薩摩焼酎と共にリーズナブルにいただける。

キビナゴやカンパチ、マグロなど豊富なネタが揃うが、握りだけでなく刺し身でも味わいたい鹿児島名物が『首折れサバ』だ。屋久島で一本釣りされたゴマサバの首を漁獲した直後に折って、血抜きしてから氷水で〆る。鮮度抜群の状態で運ばれるので、刺し身でいただくとブリッブリ&ゴリッゴリの食感を堪能できる。青魚が苦手な人も、騙されたと思って一度召し上がっていただきたい。臭みがなく、タイヤヒラメに勝るとも劣らないその味は、一度食べたら虜になること間違いなし……である。

こぢんまりとした店内のカウンターには観光客だけでなく地元の常連客も多く、いつお邪魔しても満席状態。絶対にありつきたいなら、昼のランチか夜の開店時が狙い目ですぞ。

ブリっと歯ごたえ抜群の『首折れさばの刺し身』850円は、屋久島で水揚げされたゴマサバを漁獲後すぐに首を折って処理したもの。年中食すことができるが、最もおいしい時期は、旬を迎える9~11月。
ぷっくりと身が厚く、みずみずしくも淡泊なお味の白身『きびなご刺』は、酢味噌でいただくのが鹿児島流。650円。
ショーケースをコの字型にぐるり囲むようなカウンター席は全10席。まさに“すし詰め”状態だ。
『かごっまふるさと屋台村』には、鹿児島の食材を使った郷土料理の店が20店舗以上集まっている。

鹿児島

すし こころ

住 所
鹿児島県鹿児島市中央町6-4かごっまふるさと屋台村
TEL
099-255-1588(屋台村事務局)
営業時間
12:00~14:00、18:00~24:00
定休日
第3日曜

※記載内容はFDA機内誌「DREAM3776」Vol.12号(2014年10月発行)掲載時のものです。

空席照会/ご予約
出発
到着
往路
搭乗日
復路
搭乗日
大人
小児
幼児