1. 公式TOP
  2. 機内誌特選美味の店
  3. 出雲 お食事処 鶴丸
隠岐の岩ガキは、今や全国に誇るブランド貝。豊饒の海で3年ほどかけて育つため、大きさも味も十分。サイズに応じて1個800円~。

出雲

お食事処 鶴丸

「日本海の旬味を直送で。
芳醇な隠岐岩ガキをご賞味あれ」

隠岐岩ガキの旬は3月から7月まで。そんな話を小耳に挟んだ。

カキは冬の風物と思っていたが、島根の沖合、日本海に浮かぶ隠岐では春遠からじ3月1日に満を持して岩ガキの出荷が解禁されるという。そんな隠岐ならではの旬味を直送で味わえる垂涎(すいえん)の店が松江市の『お食事処 鶴丸』。早速松江城にほど近い店の暖簾(のれん)をくぐった。

ゆったりと広い客席に陣取り、まずはビールと岩ガキを注文する。黄金色の泡とともにやってきたのは、見たこともないほど大きい岩ガキだった。店長は「4月を過ぎるとふた回りも三回りも大きくなるんですよ」と言うが、眼の前のものとて掌くらいの大きさはある。化け物か。

早速レモンを搾って、特製ポン酢をたら~り。ままよと頬張ると、つるんとした食感と想像を超えてぷりっぷりの弾力に驚く。岩ガキは真ガキと違ってふっくらと肉厚で、咀嚼(そしゃく)するほどに濃厚なカキのミルクが止めどなく湧き出し、甘い余韻がいつまでも後を引く。

碧い隠岐の海を彷彿させる味わいには、隠岐の海藻焼酎がよく合いそうだ。ロックで一杯、やりますか。

隠岐産の岩ノリを成形した海苔と特産の『藻塩米』の旨さに思わずうなる『岩ノリのおにぎり』500円。これを目当てに通う客も多い。
壁面には屋号入りの晴れやかな大漁旗。隠岐出身の父娘で切り盛りする同店には、故郷自慢の味がそろう。

出雲

お食事処 鶴丸

住 所
島根県松江市東本町1-79
TEL
0852-22-4887
営業時間
17:30~22:00(OS 21:00)
定休日
日曜、祝日、年末年始

※記載内容はFDA機内誌「DREAM3776」Vol.18号(2017年3月発行)掲載時のものです。

空席照会/ご予約
出発
到着
往路
搭乗日
復路
搭乗日
大人
小児
幼児