宿泊パック情報

往復航空券と宿泊がセットになった、この店舗へ便利な宿泊パック情報はこちら

あつた蓬莱軒本店【愛知県・名古屋市】
ひつまぶし

「焼きたてのうなぎを熱々で食べていただく」のが身上。少々時間を要することがおいしさの秘訣。今か今かと待つ時間こそ、通の楽しみ。「ひつまぶし」3,100円

お客の顔を見てからが勝負焼きたてのおいしさこそおもてなし

 地下鉄名城線伝馬町駅から徒歩7分。熱田神宮にほど近い「あつた蓬莱軒本店」は、知る人ぞ知る「ひつまぶし」発祥の店です。創業は明治6年、当時は大きな“おひつ”一杯に作って、みんなで取り分けながら食べたものでした。そこで、まんべんなくうなぎが行き渡るようにと、三代目のころにひと工夫。細かく刻んで出すようになりました。時季に応じて、一番おいしい産地からうなぎを取り寄せ、お客の顔を見てからうなぎを火床にかけるというこだわりは創業当時のまま。「お客に、料理に、正直であれ」という心意気が生きています。

鰻(うなぎ)肝焼き

選り抜きのうなぎ7尾分の肝を使う贅沢な「鰻(うなぎ)肝焼き」840円。備長炭で焼き上げるふっくらとした肝に濃厚なタレが絡んだ一品で、杯を酌み交わしたい

甲乙つけがたい四つの味わい戦火を逃れ、受け継がれた伝統のタレ

 「ひつまぶし」の醍醐味は四つの味わい。おひつに十字の切れ目を入れたら、一膳目はそのまま、二膳目はネギ、のり、わさびを乗せて。三膳目は、さらにお茶漬けに。そして四膳目は好みの食べ方でいただきます。備長炭で丁寧に焼き上げたうなぎの香ばしいこと。うなぎのだしが溶け込んだタレは決して主張しすぎず、どの膳も味わい深く整えて、甲乙つけがたいおいしさに。伝統のタレは戦後もなお、地方に壺分けをして守られているほどの宝物。口伝で受け継がれてきた味を求めて、何度でも足を運びたくなるとっておきの“名古屋めし”です。

宿泊パック情報

往復航空券と宿泊がセットになった、この店舗へ便利な宿泊パック情報はこちら

愛知/あつた蓬莱軒本店 内観

会席料理を中心とした日本料理店。新鮮な海の幸や三河地鶏などのメニューもそろっている。

あつた蓬莱軒本店

TEL 052-671-8686
営業時間  11:30~14:00 16:30~20:30
定休日 水曜
駐車場 あり
住 所 愛知県名古屋市熱田区神戸町503

このお店の地図をGoogleマップで検索

※「ひつまぶし」は、「あつた蓬莱軒」の登録商標です

ページトップへ戻る