English

スポーツ用自転車搭載サービス

スポーツ用自転車搭載サービス
スポーツ用自転車搭載サービス

FDAでは、車輪を外したり折り畳んだりする事で規定サイズに収まるスポーツ用自転車を受託手荷物として、お一人さま合計20kgまで無料でお預かりする『スポーツ用自転車搭載サービス』を実施しております

ご搭乗3日前までにFDAコールセンターにお申し込みいただくと、ご出発空港にて専用のハードケースを無料でお貸出しいたします

詳細は以下をご確認ください

サービス利用条件

事前申し込み

『スポーツ用自転車搭載サービス』は、ご搭乗日の3日前までにお申し込みいただく必要がございます
FDAコールセンターのナビダイヤル「4番」へご連絡ください

※コードシェア 日本航空(JAL)便名でご予約いただいたお客さまは、事前の受付はできません

【FDAコールセンター】
0570-55-0489(営業時間7:00~20:00 年中無休)

※IP電話または海外/国際電話などの場合は、050-3852-1669をご利用ください

※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上と内容確認のため、録音しております

台数制限

1便あたり最大7台まで搭載可能

対象自転車

分解/折畳みにより専用ケースに格納可能なスポーツ用自転車

※サイズ:幅1,000mm × 高さ800mm × 奥行300mm以下に収まるもの

ただし、専用ケースに自転車が入らない場合は、お客さまご自身で輪行袋をご用意ください

※サイズ:幅950mm × 高さ950mmで奥行は不問です

お預かり方法

専用ケースに格納した状態で、ご搭乗便出発の30分前までにFDA搭乗手続きカウンターにお預けください
詳しくはこちらをご確認ください

専用ケースの仕様

分解/組立に必要な工具をご用意いただき、お客さま自身の手で専用ケースに梱包してください
到着空港での開梱後はFDAカウンタースタッフまで専用ケースをご返却ください

専用ケース素材:プラスチック段ボール
重量:3,300g

自転車の梱包について

損傷防止のため、お客様自身の手で十分な緩衝材を用いて梱包をお願いいたします。また、空港ターミナルビル内に自転車をお持ち込みいただく際は輪行バッグなどのソフトバッグに入れてください

※爆発や引火の恐れのある液体式パンク修理用接着剤やスポーツ用酸素缶は法令によりお預かりできません

専用ケースへの格納例

Swiper01FDAにてご用意する専用ケース(プラスティック段ボール)を
ご利用される際は、バイクの前後輪を外して、サドルを下げてください
Swiper02バイクを収納する際、変速機付近(リアエンド)を保護するために、
必要に応じて変速機を外すなどしてください
Swiper03ケースに入れる際は、必要に応じてハンドルを外す・ズラすなどの
調整が必要な場合があります
またハンドルやサドルを下面にして収納することもできます
Swiper04格納が終わりましたら、セキュリティチェックを済ませ、
空港カウンターのスタッフへとお預けください

スポーツ用自転車搭載サービス お問い合わせ窓口

FDAコールセンター
ナビダイヤル「4番」
TEL 0570-55-0489
営業時間7:00-20:00(年中無休)
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
  • ※IP電話または海外/国際電話などの場合は、050-3852-1669をご利用ください
  • ※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上と内容確認のため、録音しております

サイクルツーリズム

神戸路線ポイント応募
ログアウト