1. 公式TOP
  2. 機内誌特選美味の店
  3. 高知 酒亭どんこ
創業時は別の場所に店を構えていたそうだが、今から30年ほど前にこの古民家に魅了されて内部をリノベーション。落ち着いた空間には夜な夜な土佐の常連客が集い、方言が飛び交う。昼は30食限定のランチが人気。

高知

酒亭どんこ

「隣り合わせたらまず一献 。
土佐の“おきゃく”を〆る生鰹節と磯雑炊」

高知の夜。毎度のごとく旨いカツオが食べたくなって、『酒亭どんこ』へ。はりまや橋近くにある古民家を改築したシブい佇まいの店で、店内に流れるBGMが昭和ポップスでこれまたシブい。

こぢんまりとしたカウンター席に座ると、お通しに“どろめ”が出てくる。イワシの稚魚で、ヌルプチの食感が独特だ。どろめを肴にお銚子が1本空く頃合いで、今日のお目当て、極上カツオ様のご登場だ。高知特産の柑橘“ブシュカン”をたっぷり絞って口に放り込む。余計な脂がのっていないねっちりと締まった赤い身に、ギュッと旨味が詰まっている。さながら“生の鰹節”とでも言うべきか。こればかりは高知に来ないと絶対に味わえない。

隣席のサラリーマンは常連客のようで、この店に知り合いを連れてきては、「いい店知っとるねぇ~」と褒められるのが楽しみだと笑う。自分の注文した料理の皿をこちらに滑らせ、「これが高知の“おきゃく”やき」と熱燗を一献注いでくれた。

〆は潮の香りがする海苔とアサリの“磯雑炊”を、隣客と“おきゃく”で。目をつぶって湯気を吸い込むと土佐の海が広がった。

「さぁ、みんなで雑炊を食べるぜよ!」

熱々をふーふーしながら口に運ぶ。ぁ~、優しい味。 落ち着くなぁ。

夜の街、いつのまにやら千鳥足。

「高知に来たらまた来るき」

この日勧められた上物のカツオは、タタキではなく刺し身で。かなりの厚切り。わさびとニンニク、2種類の薬味を添えていただく。粗塩をひと振りして食べるのも通っぽい。
今宵運よくありつけた “メジカの新子”。漁期が短いうえに鮮度が落ちやすく、地元でも流通は少ない。噛めば跳ね返ってくるモチモチの食感。
〆にもってこいの『どんこ雑炊』864円は優しいあっさり味。2~3人前が鉄鍋で出てくるので熱々が持続する。隣客と“おきゃく”すれば、気分はすっかり土佐人。

高知

酒亭どんこ

住 所
高知県高知市はりまや町2-1-21
TEL
088-875-2424
営業時間
11:30~・17:30~23:00(日曜・祝日は夜のみ営業)
定休日
なし

※記載内容はFDA機内誌「DREAM3776」Vol.14号(2015年10月発行)掲載時のものです。

空席照会/ご予約
出発
到着
往路
搭乗日
復路
搭乗日
大人
小児
幼児