1. 公式TOP
  2. 機内誌特選美味の店
  3. 鹿児島 旬彩くらかけ
カウンターに並べられた約10品目の鹿児島の郷土料理。店主の心こもった手料理はどれも優しい味わい。

鹿児島

旬彩くらかけ

「地元の人も知らない
幻の薩摩焼酎がそろう店」

鹿児島にも人には教えたくない特等席がある。

鹿児島中央駅から徒歩約15分の狭い路地の一角にひっそりと佇む『旬彩くらかけ』は、女店主、鞍掛さんの手料理に定評がある家庭的な居酒屋だ。

鹿児島近海でとれる魚介と地元食材を使った総菜はバラエティー豊かで、豚のバラ肉をコトコトと煮込んだ “とんこつ”や、ニラたっぷりの手作り“さつま揚げ”といった郷土料理が楽しめる。モツ鍋のモツは、なんと鹿児島産黒毛和牛という贅沢さだ。

「今から牡蠣出しますけど、生と焼き、どっちにします?」とか「モツ鍋のニンニクは多め? 少なめ?」といった具合に、お客ひとりひとりの“つつき好み”に合わせてくれる気遣いがうれしい。

カウンターの上の総菜や食材はなんと食べ放題。さらに裏から店主おまかせの刺し身や焼き物、煮物、茶碗蒸しなどが次々と運ばれてくるシステムで、ビール1杯と芋焼酎飲み放題が付いて1人4,000円という明朗会計だ。

「このサザエ焼いて」

「このさつま揚げ揚げて」

店に飛びかう心和むイントネーションの “かごんま弁”がまた、耳に心地良いのである。

鹿児島の郷土料理『さつま揚げ』。鹿児島近海で獲れる魚介を使ったすり身は鮮度抜群。
『松茸入り茶わん蒸し』
鹿児島産黒毛和牛を使用した『モツ鍋』は絶品。
仕切りのない広い客席に“かごんま弁”が飛び交う。常連の地元客が大半だ。

鹿児島

旬彩くらかけ

住 所
鹿児島県鹿児島市薬師1-18-18 関ビル1F
TEL
099-206-5488
営業時間
18:00~24:00
定休日
日曜、祝日

※記載内容はFDA機内誌「DREAM3776」Vol.14号(2015年10月発行)掲載時のものです。

空席照会/ご予約
出発
到着
往路
搭乗日
復路
搭乗日
大人
小児
幼児