1. 公式TOP
  2. 機内誌特選美味の店
  3. 花巻 とらや
こじんまりとしたL字席のカウンター、この空間に身を委ねて呑む時間は心地よくも格別だ。

花巻

とらや

「予約は受けない 生ビールもない
〝とらや流〟に身を任せて吉」

盛岡市の“八幡エリア”に、古くから営業する居酒屋があると聞き、足を運んだ。

開店直後の17時少し過ぎに店へ入ると、すでに席の半分は埋まっていて、入店順に女将が注文を聞いて回っている。どうやら壁にかかったレギュラーメニューのお品書きと、小さなホワイトボードに書かれた“その日の魚”から選ぶスタイルらしい。

大瓶のビールを頼んで手酌しながら注文した料理を待つ間に、隣席の常連客が教えてくれた。「ここはジョッキの生ビールもなければ酒も1種類しか置いていない。でもね、なんでも旨くて、とにかく居心地がいいんだ」。

最初に出てきたのは『ブリの刺身』と『葉ワサビのおひたし』。脂がのったブリは肉厚で、含めば口の中にまったりと濃厚な旨味が広がる。これは! と驚きながら葉わさびをちょこんとのせると、これがまた絶妙の相性で驚いた。いろいろ注文した中で同時に出てきたこの2品。どうやら偶然ではなく、店主からのメッセージのようだ。

この店で定番らしい『ゲソ天』と『豆腐』をつまんで、心地よく酔いながらもお腹が満たされるころには、まわりも会計を済ませて店を後にするタイミング。帳場から聞こえてくるお勘定の額にまた、この店の良心が表れている。

店構えが洒落ているわけではない。メニューの数が特別豊富なわけでもない。しかし、多くのロコに普段使いで愛される店。その空間に身を委ねて呑む時間は、心地よくも格別であった。

『ブリの刺身』850円と『葉ワサビのおひたし』400円。この他料理はすべて1,000円以下。お酒はコップ1杯300円。
だしで煮込んだ熱々の木綿豆腐に、カツオ節とネギに海苔の薬味で食べる『豆腐』は250円。夏は冷奴になる。
カリッカリの衣に、ゲソだけではなくナス&ピーマンの野菜天も付いた『ゲソ天』450円也。大根おろしをのせて、かけ醤油で。

花巻

とらや

住 所
岩手県盛岡市南大通1-5-8
TEL
019-623-6745
営業時間
17:00~22:00
定休日
日曜・祝日

※記載内容はFDA機内誌「DREAM3776」Vol.13号(2015年3月発行)掲載時のものです。

空席照会/ご予約
出発
到着
往路
搭乗日
復路
搭乗日
大人
小児
幼児