1. 公式TOP
  2. よくあるご質問
  3. FAQ:ペットのお預け
  4. FAQ:ペットのお預かりについて

ペットのお預かりについてFAQ

Q ペットを預ける際、どのような手続きが必要ですか?

愛玩動物同意書を事前にダウンロード/印刷し、「お客様ご記入欄」にご記入のうえご搭乗日当日空港の搭乗手続きカウンターにご提出ください

愛玩動物同意書ダウンロードはこちら(PDF)

搭乗日当日は、便出発時刻の30分前までに搭乗手続きをお済ませください

Q ペットを預ける際、料金はいくらかかりますか?

ペットのお預かり料金は、1区間1クレートにつき一律4,000円になります
なお、専用のクレートを500円で貸し出しております。サイズはS/M/Lからお選びいただけますが、数に限りがございますのでご希望に添えない場合もございます

詳しくはこちら

Q 同意書の印刷ができません

搭乗手続きカウンターでもご用意しております
ご搭乗日当日、ご記入ください

Q 大型犬は預けることはできますか?

弊社貸出用のLサイズ(外寸:縦63×横90×高さ69cm)のクレートに収容できる大きさであれば可能です
また、お客様持参のクレートをご利用の場合は、XLサイズ(外寸:縦69×横101×高さ75cm)までお預かり可能です

Q ペットは機内に連れて行けますか?

ペットは機内にはお連れいただけません。別途ペット料金(1区間1クレートにつき4,000円)をお支払いいただいたうえで受託としてお預かりいたします
なお、お預かりできるペットは犬/猫/小鳥などの飼いならされた小動物に限ります。ペットのみのお預かりはできかねますのでご了承ください

※客室内と同じ通気と温度が保たれた貨物室にてお預かりいたします

Q 預けることができないペットはいますか?

フレンチブルドッグおよびブルドッグは承ることができません
一般的に犬は、暗さや温度/湿度/気圧の変化/音/揺れ/匂い等の影響を受けやすいと考えられております。特にフレンチブルドッグおよびブルドッグは、航空機における輸送環境の影響を受けやすいと判断し、ペットを安全に輸送する観点から、お預かりを中止させていただいております

Q 自前のペット用の布製キャリーバッグ(ソフトケース)で預かってもらえますか?

布製キャリーバック(ソフトケース)では、ペットを受託することができません
お客様ご自身でケージをご用意される場合、プラスチック製キャリーバックなど、航空機輸送に適した強度があり、容易に内側から開かないクレートをご用意ください
ご自身でのご用意が難しい場合は、専用のクレートを500円で貸し出しておりますので、ご利用ください

詳しくはこちら

Q 1クレート内に複数のペットを入れることはできますか?

原則として、犬/猫/うさぎなどはクレート1個につき1匹(羽)ずつが原則となります
小鳥などは1個につき1種類2羽程度までのお預かりとなります

Q クレート内に水や餌、タオル、おもちゃなどを入れておくことはできますか?

クレート内に入れることはできません

Q カブトムシやクワガタなど昆虫を預けることができますか?また、機内に持ち込めない昆虫はいますか?

虫かごなどの適切な容器に入れ、中身が視認できないように梱包してあるものであれば、機内へお持ち込みいただけます。鈴虫、コオロギなどの音を出す昆虫はお持ち込みいただけません

Q 機内に持ち込みができる容器のサイズを教えてください

お持ち込み可能な容器のサイズは、縦横どちらかの1辺が40cm以下、高さ25cm以下で3辺の和が100cm以下のものとなります

Q ペットのみの輸送はできますか?

ペットのみのお預かりはできかねます

Q 空港内でペットを連れて移動することはできますか?

空港施設内ではクレートに入れてご移動ください

Q 到着後のペットの受け渡しの流れを教えてください

到着ロビー内の手荷物受取所にて係員よりお手渡しいたします

空席照会/ご予約
出発
到着
往路
搭乗日
復路
搭乗日
大人
小児
幼児